Loading...

対応一覧

「37セカンズ」ポスター画像

© 37 Seconds filmpartners

映画対応字幕対応音声ガイド対応

37セカンズ

公開日:2020年2月7日(金)
対応日:2020年2月7日(金)

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

上映劇場の「イオンシネマシアタス調布」「大阪ステーションシティシネマ」にて字幕ガイド用メガネの貸出がございます。
メガネの貸出には予約が必要です。予約方法は各劇場の貸出ページをご覧ください。

イオンシネマシアタス調布HP
予約ページ

大阪ステーションシティシネマHP
予約ページ

スクリーンに字幕が表示される字幕上映については劇場一覧のページでご確認ください。

 

【キャスト・スタッフ】

佳山明、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、板谷由夏

監督:HIKARI
脚本:HIKARI 主題歌:CHAI 

 

【イントロダクション】
ベルリン国際映画祭で史上初の2冠(観客賞、国際アートシネマ連盟賞)を受賞以来、世界中の観客を熱狂させた傑作がついに日本公開。このHIKARI監督にはハリウッドから次回作のオファーが殺到し、大型プロジェクトが動き始めている。

 

【ストーリー】
主人公は23歳の貴田(たかだ)ユマ。職業「ゴーストライター」生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田(たかだ)ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験がない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いてくユマ。ユマの挑戦を支えるヘルパー・俊哉(大東駿介)、娼婦・舞(渡辺真起子)との出会いを経て、その先で彼女を待ち受けていたものとは…

 

PG-12指定

配給:エレファントハウス ラビットハウス

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。

動作環境の調べ方
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム