作品情報

「流浪の月」ポスター画像

Ⓒ「流浪の月」製作委員会

映画対応字幕対応音声ガイド対応

流浪の月

公開日:2022年5月13日(金)
対応日:2022年5月13日(金)

バリアフリー上映のご案内はこちら
https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/news/

音声ガイド
『UDCast』アプリをインストールしたスマートフォン等の携帯端末に、作品のデータをダウンロードして、イヤホンを接続してお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
日本語字幕
『UDCast』アプリをインストールした字幕表示用のメガネ型端末に、作品のデータをダウンロードして、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
上映劇場のイオンシネマ シアタス調布では、メガネ型端末(スマートグラス)の貸し出しを行っております。お申し込みはこちら。

【キャスト・スタッフ】
出演:
広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子 / 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 / 柄本明
監督・脚本:李相日
撮影監督:ホン・ギョンピョ
音楽:原摩利彦
製作総指揮:宇野康秀

【イントロダクション】
『悪人』で善悪の境界を朧にし、『怒り』で信じることの困難を世に問うた監督・李相日が、待望の新作として選んだのは、本屋大賞を受賞した凪良ゆうのガラスのように繊細な物語。更紗役に広瀬すず、文役に松坂桃李という現日本映画界をリードするふたりを迎え、横浜流星、多部未華子が新境地に挑む。彼らの心象を叙情を込めて映し出すのは、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』を手掛けた韓国映画界のレジェンド撮影監督、ホン・ギョンピョ。世界の片隅で生きるふたりの物語が、息が止まるほどの感動と深い共鳴であなたを包む。

【ストーリー】
帰れない事情を抱えた少女・更紗と、彼女を家に招き入れた孤独な大学生・文。居場所をみつけた幸せを噛みしめたその夏の終わり、文は「誘拐犯」、更紗は「被害者女児」となった。15年後。偶然の再会を遂げたふたり、それぞれの隣には現在の恋人、亮と谷がいた。

配給:ギャガ