Loading...

対応一覧

ハローワールドポスタービジュアル

(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会

映画対応字幕対応音声ガイド対応

HELLO WORLD

公開日:2019年9月20日(金)
対応日:2019年10月11日(金)

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

上映劇場の「新宿ピカデリー」「川崎チネチッタ」「イオンシネマシアタス調布」「大阪ステーションシティシネマ」にて字幕ガイド用メガネの貸出がございます。
メガネの貸出には予約が必要です。予約方法は各劇場の貸出ページをご覧ください。

新宿ピカデリーHP
予約ページ

川崎チネチッタHP
予約ページ

イオンシネマシアタス調布HP
予約ページ

大阪ステーションシティシネマHP
予約ページ

スクリーンに字幕が表示される字幕上映については劇場一覧のページでご確認ください。

 

【キャスト・スタッフ】

<声の出演>
北村匠海(堅書直実)、松坂桃李(カタガキナオミ)、浜辺美波(一行瑠璃)

監督:伊藤智彦 
脚本:野﨑まど 
キャラクターデザイン:堀口悠紀子
アニメーション制作:グラフィニカ

 

【イントロダクション】

『ソードアート・オンライン』の伊藤智彦監督、『けいおん!』の堀口悠起子、「正解するカド」の野﨑まど。いま最も注目を集める才能が組んだオリジナル劇場アニメーション『HELLO WORLD』。京都を舞台に、誰しも共感できるドラマから始まり、新機軸のSFとして広がり、そして誰も観たことのない世界に辿り着き、誰もが衝撃を受ける本作は、まさに新しい世界の扉を開く“新世代アニメーション”。制作を手掛けるのは『楽園追放』のグラフィニカ。声の出演には、高校生・直実に北村匠海、10年後の直実に松坂桃李、
ヒロイン・瑠璃に浜辺美波。それぞれアニメーションファンとして知られ、実写でも繊細且つ鮮烈な青春・恋愛を見せてきた彼らだからこそ描き出せるドラマ感がある。そして、主題歌を担当するのは、OKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarichの3アーティスト。若者の心をわしづかみにしている彼らが、本編のそれぞれのシーンに寄り添う形でオリジナル曲を書き下ろしている。更に、劇伴を全てOKAMOTO’Sが、彼らと親交のあるアーティストと共作するという“日本映画史上、初めてのプロジェクト”(※2027 Sound)にも注目したい。まさに新世代アニメーションに相応しい音楽的アプローチが、本作に心地良くも鮮やかな彩を加えてくれる。『君の名は』以降、新境地に到達した日本のアニメーションは、この秋きっと、新たなセカイ(HELLO WORLD)の扉を開く事になる。

【ストーリー】

「お前は今日から三か月後、一行瑠璃と恋人同士になる」

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、
10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。
ナオミによれば、瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。
「頼む、力を貸してくれ。」
彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。
しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された秘密を知ることになる。
世界がひっくり返る、新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー。

たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたい―

配給:東宝

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム