Loading...

対応一覧

「ドライブ・マイ・カー」ポスター画像

(C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

映画対応字幕対応音声ガイド対応

ドライブ・マイ・カー

公開日:2021年8月20日(金)
対応日:2021年8月20日(金)

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
現在、UDCastのメガネ型端末の貸出をしている映画館での上映予定はありません。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

 

濱口竜介監督からコメントを頂いております。

『寝ても覚めても』以来、2度めの自作バリアフリー版作成に立ち会う機会をいただきました。今回も、視覚障害者の方や、聴覚障害者の方の参加する「モニター会」で音声ガイドと字幕それぞれの表現がブラッシュアップされていくプロセスに立ち会うことで、自作をまったく新たに体験し直したような感覚を得ました。

映像や音声を翻訳することは、もちろんとても困難なことですが、限られた条件のなかで観客がいかにそれぞれのバージョンを深く味わうことが可能になるのか表現を研ぎ澄ませていく、パラブラの皆さんの匠の技術につくづく感心しつつ、それ以上に映画を観客にでき得る限りそのまま受け渡そうと試行錯誤する姿勢に毎度心を打たれます。

2時間59分の映画ですが、どちらのバージョンを見たモニターの方たちの感想も「全然時間を感じなかった」というものでした。これは実際に健聴者や晴眼の方たちからも出てくる感想で、このような共通の感想が生まれてくること自体が、本作のバリアフリー版がいかに精緻に、誠実につくられているかということの証です。このバリアフリー版は、本作の魅力と密度を十分に伝えてくれるものだと感じています。

バリアフリー版作成に立ち会うことは自分にとっては、視覚障害や聴覚障害の世界を障害というよりは「異文化」として捉え直し、普段の自分の外界との接し方を見直す機会になります。この体験によって得られる世界観の編み直しのような感覚は、言葉を選ばずに言えば私にとってとても面白く、興奮さえするようなものです。今後も可能な限り自作のバリアフリー版をつくりたいという気持ちを強くしています。

『ドライブ・マイ・カー』バリアフリー版、お楽しみいただけたら幸いです。

濱口竜介

 

【キャスト・スタッフ】

西島秀俊 三浦透子 霧島れいか/岡田将生

原作:村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介 大江崇允 音楽:石橋英子
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

【イントロダクション】

数々のベストセラーを生み出してきた作家・村上春樹による、珠玉の短編小説「ドライブ・マイ・カー」。妻を失った男の喪失と希望を綴ったこの作品に惚れ込み映画化を熱望、自ら脚本も手掛けるのは、いま世界が最も熱い注目を寄せる濱口竜介監督。これまで、カンヌ(『寝ても覚めても』コンペティション部門出品)、ベルリン(『偶然と想像』銀熊賞受賞)、ヴェネチア(共同脚本作『スパイの妻』銀獅子賞受賞)など世界三大映画祭を席巻し、その名を轟かせてきた。待望の最新長編作となる本作も見事、本年度のカンヌ国際映画祭で日本映画としては史上初となる脚本賞を受賞。加えて、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の独立賞も受賞し、4冠獲得の偉業を果たした!
これまで、圧倒的な脚本力と豊かな映画表現で、人間がもつ多面性や複雑な感情をあぶりだしてきた濱口監督。本作では原作の精神を受け継ぎながらも、「ワーニャ伯父さん」、「ゴドーを待ちながら」という時代を超えて愛されてきた演劇要素を大胆に取り入れ、ストーリーと映画内演劇が重層的に呼応しあう驚異的な物語を紡ぎだした。さらに広島・東京・北海道・韓国などのスケール感あるロケーションと、名手・四宮秀俊撮影による美しさと厳しさが溶け合う映像美は観る者を魅了し、物語へと引き込んでいく。

主人公の家福を演じるのは、日本映画界に欠かせない名優、西島秀俊。行き場のない喪失を抱えながらも、希望へと一歩を踏み出していく心の機微を見事に体現した。ドライバーのみさきには、高い演技力に加え、歌手としても活躍するなど多彩な才能で注目を集める三浦透子。さらに、物語を大きく動かすキーパーソンの高槻に岡田将生。家福の妻・音を霧島れいかが演じるなど、実力派俳優陣が集結。胸に迫る演技で、物語をより一層深化させている。
また、韓国・台湾・フィリピン・インドネシア・ドイツ・マレーシアからオーディションで選ばれた海外キャストも出演。日本人キャストとの見事なアンサンブルを見せ、劇中の多言語劇を中心に9つの言語を交えて展開する、誰も観たことのない唯一無二の物語を彩る。

【ストーリー】

舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう――。2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。さらに、かつて音から紹介された俳優・高槻の姿をオーディションで見つけるが…。
喪失感と“打ち明けられることのなかった秘密”に苛まれてきた家福。みさきと過ごし、お互いの過去を明かすなかで、家福はそれまで目を背けてきたあることに気づかされていく。
人を愛する痛みと尊さ、信じることの難しさと強さ、生きることの苦しさと美しさ。最愛の妻を失った男が葛藤の果てに辿りつく先とは――。登場人物が再生へと向かう姿が観る者の魂を震わせる圧巻のラスト20分。誰しもの人生に寄り添う、新たなる傑作が誕生した。

PG12指定

配給:ビターズ・エンド

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。

動作環境の調べ方
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム