対応一覧

私の人生なのに

(c)2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ

私の人生なのに

公開日:2018年7月14日(土)
対応日:2018年7月14日(土)

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

原桂之介監督よりコメントをいただいております

画で伝わる事を言葉にして音にする事、音で伝わる事を文字にする事、これらは初めての体験でした。 
視覚障害や聴覚障害を持たれているモニターの皆さんのご意見をお聞きし、音声と字幕の制作者に思いをお聞きしながら検討していく作業は、 
もう一度作品を完成に近付けていくような作業だと思いました。 
 
想像とは全く違っていました。 
音声ガイド制作は、過剰な説明を排除していく事が多かったのです。 
字幕制作では、音楽を音符マークにして届けていました。 
 
バリアフリー上映はまだまだ進化していく気がしており、こちらの未来もとても楽しみです。 
 
(拙作に限らず)同じ映画を鑑賞するという、一緒に笑ったり泣いたり、時には意見の相違からケンカになりかねないとても魅力的な体験が、 
より多くの方に広がっていくと感じました。 
 
映画「私の人生なのに」、とても良い音声ガイドと字幕にして頂きました。 
モニターのみなさん、制作に携わって頂いたみなさん、Palabraのみなさんに、この場を借りて御礼申し上げます。 

【キャスト・スタッフ】

出演:知英 稲葉友 落合モトキ 蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 髙橋洋 赤間麻里子 
脚本・監督:原桂之介『平成ポンチ』『小川町セレナーデ』
原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
企画:VAP
製作:瀬井哲也
プロデューサー:行実良、柴原祐一
共同プロデューサー:長井龍
撮影:加藤十大
照明:志村昭裕
録音:小林武史
美術:田口貴久
編集:相良直一郎
衣裳:岡本華菜子
ヘアメイク:及川奈緒美
キャスティング:あんだ敬一
助監督:岩坪梨絵
制作担当:金子堅太郎
ラインプロデューサー:傳野貴之
音楽:山本加津彦

主題歌:JY「涙の理由」
制作プロダクション:ダブ
協力:J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott

【イントロダクション】

知英×稲葉友 音楽で綴るほろ苦い青春映画が誕生!
ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」で1人7役を演じきり、
竹中直人とのW主演映画『レオン』でのコミカルな演技が好評で新境地を切り開いたカメレオン女優・知英が挑んだ最新主演作は、音楽で綴る青春サクセスストーリー。

知英演じる瑞穂の幼なじみ役・淳之介には、青春ドラマからホラー、女装男子、新人アイドルなど多種多様な役を演じられる若手実力派俳優の稲葉友。
瑞穂の通う大学の新体操部アスレティックトレーナーには、子役時代から活躍し、自然体で存在感ある演技で数々の人気ドラマや映画に出演している落合モトキ。
根岸季衣、深沢敦、髙橋洋、赤間麻里子など名優が脇を固め物語にスパイスを効かせております。

音楽は、大ヒットソング「好きな人がいること」のJYが担当。
監督は、『全員、片想い~片想いスパイラル~』『小川町セレナーデ』を手がけている原桂之介。
清智英・東きゆう著書の原作『私の人生なのに』(講談社刊)から生まれたほろ苦い青春映画が、この夏、あなたの心を熱くします。

【ストーリー】

絶望の先に見えた、人生の新しいステージ
新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。

塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた
彼女が見た新たな夢とは?

配給:プレシディオ

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム