対応一覧

検察側の罪人タイトルロゴ

(C)2018 TOHO/JStorm

検察側の罪人

公開日:2018年8月24日(金)
対応日:2018年8月24日(金)予定

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

上映劇場の「新宿ピカデリー」「川崎チネチッタ」「大阪ステーションシティシネマ」にて字幕ガイド用メガネの貸出がございます。
メガネの貸出には予約が必要です。予約方法は各劇場の貸出ページをご覧ください。

新宿ピカデリーHP
予約ページ

川崎チネチッタHP
予約ページ

大阪ステーションシティシネマHP

予約ページ

スクリーンに字幕が表示される字幕上映については劇場一覧のページでご確認ください。

【キャスト・スタッフ】

木村拓哉 二宮和也 吉高由里子・松重豊/山﨑努

原作 雫井脩介「検察側の罪人」(文春文庫刊)

監督・脚本原田眞人

【イントロダクション】

木村拓哉VS二宮和也×原田眞人監督=日本映画史に名を残す、新たな傑作が誕生!

『犯人に告ぐ』の雫井脩介が2013年に発表した『検察側の罪人』。時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱える問題点に鋭く切り込みながら、登場人物の葛藤を通して「正義とは何か」という人間の根源的命題への洞察をも描き出し、社会派ミステリの最高傑作と高く評価された。その重層的で骨太な物語が、日本最高のスタッフ・キャストによって、ついに映画化!主人公のエリート検察官・最上を演じるのは、木村拓哉。そして最上と対立する若き検察官・沖野には、二宮和也。日本が誇るトップスター二人の競演が、本作で初めて実現した。さらに、沖野を支える検察事務官・橘に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊、最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、沖野と共に検察と闘う弁護士・小田島に八嶋智人、殺人事件の被疑者の一人・弓岡に大倉孝二、他にも、音尾琢真、芦名星、山崎紘菜といった演技派俳優陣に加え、人権派大物弁護士・白川として山﨑努が出演。本作の監督・脚本を務めるのは、日本アカデミー賞優秀監督賞受賞作品『日本のいちばん長い日』をはじめ、話題作『関ヶ原』の大ヒットも記憶に新しい、巨匠・原田眞人。キャストの鬼気迫る熱演、原田監督の集大成—— 日本映画の歴史に名を残す新たな傑作『検察側の罪人』は8月24日(金)全国東宝系公開!

 

【ストーリー】

都内で発生した強盗殺人。
被疑者の一人は、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。
捜査方針を巡って、対立する二人の検事。
法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。
罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官…。
正しいのは、どちらの正義か?

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——。

配給:東宝

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム