Loading...

対応一覧

「描きたい、が止まらない」ポスター画像

(C)パオネットワーク

映画対応字幕対応音声ガイド対応

描きたい、が止まらない

公開日:2019年1月26日(土)
対応日:2019年1月26日(土)

日本語字幕は、メガネ型端末に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクを付けてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
スマートフォン等の携帯端末での字幕提供は行っておりません。

 

【キャスト・スタッフ】

撮影・監督  近藤 剛

プロデューサー 松本 裕子  山根 幸太郎   撮影 池田 俊己 

録音 池田 泰明  編集 川畑 耕平 選曲 浦上 悦子 語り 山上 智  

オンラインエディター 池田 聡  ミキサー 富永 憲一  

技術協力 翔の会  NEO P&T

製作 パオネットワーク

 

【イントロダクション】

映画「描きたい、が止まらない」はTokyo Docs(国際共同製作をめざすピッチングイベント)の企画として始まった。シンガポールでは古久保憲満を囲むイベントも開かれ、シンガポールのテレビでも紹介された。
残念ながら日本では「アール・ブリュット」という言葉はあまり知られていない。映画は、一人でも多くの人に「生の芸術」の魅力を伝えるとともに、古久保の生き生きとアートに取り組む姿を通して偏見や固定観念を解き放つ契機にしたいと考え生まれた。


【ストーリー】

 滋賀県に住む自閉症の古久保憲満さん(23歳)。7年前から取り組んできたのは、ボールペンと色鉛筆だけで描く縦1.6m、横10mの超細密画だ。今、精神疾患や障がいを抱える人たちなどが独自の発想で創り出す芸術、「アール・ブリュット=生の芸術」が熱い。〝評価される〟〝売れる〟といった価値ではなく、ただ〝描きたい〟という思いだけで作る純粋な芸術。その分野で世界も認めるのが古久保憲満さんだ。3歳から絵を描き始め、これまで300点の作品を描いてきた。
 広汎性発達障がいと診断されたのは小学生のとき。父・満さんは「大勢のところへはまず行けない」。人とうまく接することができず、暴れがちだった憲満さんを変えたのは「絵」。小学校の美術の先生が才能に気づき、憲満さんにもっと描くよう勧めると、水を得た魚のようにのめり込んだ。
 10mの大作のテーマはインターネットやテレビで見たものと想像を組み合わせた「オリジナルの街」。街には鉄道、車、高速道路、空港、駅、ホテル、観覧車、軍隊、家電製品、食料など、あらゆるものが登場する。中でもこだわっているのが北朝鮮。「国際社会で孤立する北朝鮮は、障がいを抱え、友達付き合いがない自分と似ている」(憲満さん)からだ。言葉ではうまく説明できない自分の思いを、絵に込める。
 憲満さんの作品が、世界6万点のアール・ブリュット作品を収蔵するスイスの美術館に展示されることになった。ところが、公開当日憲満さんがとんでもないことを言い出す。展示済みの絵を「直したい」と言うのだ。それは絵の片隅の、どんな人も気にしない小さな小さな箇所。まさに「描きたい、が止まらない」。
 今、憲満さんは新しい挑戦を始めている。現実の世界でこれからどう生きていけばいいか? 自立するために、自動車の運転免許取得に挑戦。何事にも前向きに挑んでいく健気な姿に2年半にわたって密着した。

配給:パオネットワーク

アプリをダウンロードする

機種、個々の環境によっては非対応となります。
ご使用前に必ず動作確認願います。

UDCast 問合せ窓口 TEL.0120-291-088 / FAX.03-5937-2233(平日10時~19時) お問い合わせフォーム